FC2ブログ

Welcome to my blog

福ねこ食堂

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 難航する物件探し

物件探しはただひたすら難航しました。

まず、西新界隈の飲食店可物件が少ないし、飲食店可でも広すぎて賃料が高過ぎる物件だったり、そんなに魅力的でない居抜き物件の居抜き料がやたら高かったりする。

でも、とりあえず、ひととおりの物件にダメ元で、「猫カフェをはじめたいのですが、ねこの飼育は可能でしょうか」との問い合わせをするも、ほぼほぼ二つ返事で「ねこなんていいわけないでしょ」的な冷たい感じで回答がくる。

中には「ねこ、大丈夫ですよ」と言ってくれる物件もありましたが、広さのわりにあまりにも賃料が高かったり、地下物件でまったく日があたらなかったり、やはり難アリ物件なんですよねー。
ねこちゃんがいるのに、日が当たらないなんてあり得ないでしょう?

ホント、何軒問い合わせしたことか…。半ば諦めかけていたところに、一筋の光が!8月頃の出来事です。

ビルのオーナーさんが設計事務所をされている、1階の70平米以上の広い物件で、ねこOKのお返事をもらって早速見に行くことに。

すると、ビルオーナーの奥様が対応してくださり、お話をしていると、その方がすごいねこ好きで、ねこをたくさん保護されていたり、避妊手術をした子達に自宅外でゴハンをあげたりされているんだそうで、ねこ好きな人が、わざわざ写真を取りに来たりする場所だというのです。

二人して、完全に意気投合して、すっかり猫カフェが出来上がった妄想に話がはずみました。広さのわりに賃料も安くて、商店街から程近い場所。もうこれは運命だって感じで、即決で申込。

その頃、まだそこで設計事務所をされていたので、事務所をもっと狭いところに移設するから、すぐには貸せないけど、ってことでした。私もまだ仕事をしていたし、試験にも受かっていなかったので、12月入居くらいでいいですよーと伝えていました。

その後も、何度かお話をしていると、「ここが猫カフェになるのよ、って皆に宣伝してるのよ」とか「猫カフェの経営についての本を図書館で借りてきたから読んでみて!」と貸していただいたり、すっかり乗り気の奥さまだったのですが…。

10月に入って、お店の設計や施工をお願いする方々に、現場調査をおねがいしたところ、数々の問題が発覚。

まず、建物にアスベストらしきものが使用してあり、実際アスベストなのか調べ、そうであった場合は撤去しなければならない(これはもちろんビルオーナー負担)。

そして、どこからかわからない水漏れが起こっている(これもビルオーナー負担で要修繕)

このもろもろの費用がネックになったようで、そこまでして賃貸に出す必要があるのか?そして、もし営業開始後にまた水漏れが起こったりしたら責任とれるのか?と、ビルオーナーご夫妻が翻意されたそうで、このお話は完全に白紙となってしまったのです。

この頃、私はすでに、会社に退職の意向を伝えていましたし、何よりもう、そこで開業するんだという気持ちが出来上がっていました。なので正直、「何を今さら感」は大きかったです。

でも、もしこのままここで開業していたとして、開店後に水漏れが起こったとしたら?そして、まだ融資の申込をもしていなかったのも不幸中の幸だと思って、シャキッと気持ちを切り換えて、新たな物件探を探し始めたのでした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。