FC2ブログ

Welcome to my blog

福ねこ食堂

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ねこ救済への思い

昨今、空前のねこブームなどと言われていますね。
テレビの動物番組でもこぞってねこ特集が放映されてます。でも、ほぼほぼブランド猫で、野良出身の子のことは皆無。

ペットショップには耳が折れたり足が短い人気の子達が高値で並ぶ。そのため悪徳業者はタブーとされていることも平気でやって(例えば…耳折れスコ同士を掛け合わせるとか)、先天的な病気を持つねこ達を増やしてる。

そして売れ残った子は、容姿が悪ければ捨てられたり殺される。容姿が良ければ一生狭いケージのなかで繁殖させられ、高齢になって用なしになったら結局捨てられたり殺されたりする。

そのくせ、野良猫の殺処分数はなかなか減らない。売れ残って殺される子、高齢で殺される子、野良だから殺される子、なんか悪循環でしかない気がします。

野良だったり悪徳業者が保健所に持ち込んだ、殺処分対象のねこや犬の保護活動をしてる方がたくさんいて、頭が下がります。ほんとうにすばらしい。

でも、ねこを保護して里親を探して、良い出会いがあったら譲渡されているのだけど、あまりにも厳しすぎる条件を出される方がいます。

身分証の提示はもちろん、ペット飼育可住宅か賃貸契約書を見る、自宅を見に来る、一人暮らしや高齢者はダメ、小さな子がいる家はダメ、結婚していないカップルはダメ、月に1回写真を送る、収入について聞かれる人もいてびっくり。ことごとく上から目線の方が多くいらっしゃいます。

店主も以前、保護猫ちゃんを引き取ろうと、保護主さんに連絡を取ったら、「店主さんは、お子さんと二人暮らしなので、一人暮らしとみなして、お譲りできません」といわれたことがあり、すごくがっかりしたことがあります。

もし飼い主が死んだら、その後ねこはどうなる?というのはわかりますし、条件を厳しくするのも、里親詐欺などを防いだり、不幸なねこ達をなくすため…ということもよーくわかります。

でもね、それでは本末転倒な気がしてならないのです。
ねこを飼いたい➡保護猫もかわいいし、引き取ろうかな➡ええっ⁉条件そんなに厳しいの?➡だったらペットショップで買ったほうがいいじゃん…ってことに繋がると思うんです。

だって、たとえば5人家族だとしても、専業主婦の奥さんでご主人が事故で亡くなるかもしれないし、そうなったらきっとねこは飼えない環境になるんじゃないかな?なんか悪く考えたらキリがない。

だから、私は、そこまで厳しい条件を出そうとは思ってません。何度か足を運んでもらって、様子を見ていれば、いい人か悪い人かわかるはず。第一、そんなに悪い人は極一部だと思うし。

何度かお話させてもらって、ねこちゃんを気に入ってもらえたら、ねこを大好きで、ねこ可物件であれば、それでいいと思うんです。そのかわり、かかった医療費だけは半分くらい負担していただけたらと思ってます。

ちょっと過激な発言をしてしまいましたが、人にはそれぞれ違った考え方があります。こんな私にご賛同いただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。